Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

macで快適にTeX - Sublime Text (make) から直接TeXからPDF作成できるテンプレート

f:id:woodrush:20141030052608p:plain

普段使っている、Sublime Textから「Command + B」を押すだけ(あるいは、好みのエディタからmakeするだけ)でTeX書類が作れる、shellscript・Makeを使ったTeXテンプレートを紹介します。

Mac OS X 10.8, 10.9で(日々)動作確認しています。特に、JPEGPNGなどを指定のフォルダに入れるだけでxbbを作成し、PDF内に貼り付けることができる点や、句読点「、。」の「,.」への自動置換が楽になっています。
Shellscript・Makeに依存しているので、現在Windowsだとうまく動きません。

ただのShellscriptとMakefileなのでこれと言った工夫があまりないのですが、TeX環境作成の一助になればと思います。

入手

https://github.com/hikuta924/TeXReport

こちらにテンプレートの全体、および設定方法があります。TeX自体のインストールや、Sublime Textの設定などもこちらのReadmeに書いてあるので、必要な方は参照して下さい。

使い方

  • TeXReportフォルダ全体をコピーし、名前をつける(ReportAugustなど)
  • report.tex を編集
  • makeする (Sublime Textなら、Command + Bを押すだけ)

主な機能

  • Sublime Textで「Command + B」するだけでPDFが作成可能
    • あるいは、他のエディタからmakeするだけ
  • 句読点「、。」を自動的に全角カンマ・ピリオド「,.」に置換
    • 設定でON/OFF可能
  • 図を簡単に挿入可能
    • PNGJPEGなどを指定のフォルダに入れておくだけで、xbbを作成
    • 図の挿入・参照のTeXコマンド
  • 表をCSVファイルから作成・参照可能
    • エクセル・Numbersから表をコピーしテキストエディタに貼り付けるとtab区切りのCSVが得られるので、エクセル・Numbersから直接表を作成可能
  • Octaveをインストールしている場合、mファイルが生成するグラフを直接貼り付け可能